ハラスメント

物・道具

No.347 小型ICレコーダーのイラスト【ハラスメント対策】(バラあり)

強く叱責されたり、嫌なことを言われたりなどのハラスメントは徐々にエスカレートする傾向があるそうで、対抗するには証拠として録音を取るのが効果的です。最近は小型で長時間録音できるものが増えました。デジタル録音なら、ファイルに日時も記録されるのが良いですね。
事件事故

No.334 【パワハラ】暴言の嵐のイラスト

パワハラでよく見かける場面で暴言を言われまくる場面などがあります。長時間にわたって叱責したり、人格否定、プライバシーの侵害、マウント行為などいろいろな暴言がありますが、相手を恐怖の感情で縛ったり、自尊心を傷つける行為はやはり問題視されなければいけないと思います。
事件事故

No.324 【パワハラ】ロックオンのイラスト

ハラスメントで行為者がハラスメント行為を行う前段階として相手をロックオンするそうです。相手が気に入らないと思った時にロックオンして攻撃の機会を探る感じになるようです。パワハラ被害は誰でも遭う可能性があるのは行為者の感情がメインだからなんですね。
事件事故

No.314 【パワハラ】人間関係の切り離しのイラスト

パワハラ防止法で定めている6類型の一つ、人間関係の切り離しのイラストです。一人だけ別室に移されたり、同僚が集団で無視をしたり、送別会に出席させないなどの行為を指す、いわゆる「村八分」攻撃です。
事件事故

No.311 【パワハラ】精神的攻撃のイラスト

パワハラ防止法が定義するパワハラ6類型の一つ、精神的な攻撃のイラストです。人格を否定するような言動、長時間にわたる叱責、他の人がいる前でのつるし上げるような叱責などが主に挙げられます。具体的にパワハラを表現したイラストが少ないのでシリーズで描くことにしました。パワハラ(パワーハラスメント)とは、組織などでの地位や人間関係などの優位性を利用して、他者に嫌がらせをしたり、苦痛を与えたりすることです。日本で生まれた用語で、英語ではAbuse of authority(権利の乱用)などと呼ぶようです。
事件事故

No.310 【パワハラ】身体的な攻撃のイラスト

パワハラ防止法で定めている6類型の一つ身体的な攻撃のイラストです。主に叩く、蹴るのほか、ものを投げつける、丸めたポスターでたたくなどの行為も入ります。具体的にパワハラを表現したイラストが少ないのでシリーズで描くことにしました。パワハラ(パワーハラスメント)とは、組織などでの地位や人間関係などの優位性を利用して、他者に嫌がらせをしたり、苦痛を与えたりすることです。日本で生まれた用語で、英語ではAbuse of authority(権利の乱用)などと呼ぶようです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました